読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人新婚日記

新人で新婚の新郎が、ゼロから得て行く生活の知恵をつづります。

「有り余らない富」を持つ僕たちの車問題について

こんにちは。tasukuです。
 
新婚夫婦が、早めにぶちあたる問題として、「車買うの?買わないの?」問題があると思います。
かくゆう私も一瞬でぶちあたりました。
 
まず車がないとお店で大きな買い物ができません。
 
引っ越して間もなくは、たくさんの買い物が必要で、その量ったらもうめっちゃくちゃあります。
鏡とか、おっきめの棚とか、おっきめの棚2とかおっきめの棚3とかたくさんあるわけです。
そんな時困るのがやっぱり家までの持ち運びで、何度妻のお母さんに助けて頂いたことでしょう。
 
これからが思いやられます。買い物、レジャー、あとは...ぱっと思いつきませんがいろいろと困ります。
 
そうなると「よし、車買うか」となるわけですが、ほぼ新卒の僕の給料でやりくりする僕たちの家庭にとって、恐ろしく高い壁が立ちはだかります。
そう、お金の問題です。
 
 
車を所有する上で、毎月どれだけのお金がかかるのかをざっと試算してみました。
 
毎月の出費
・駐車場代:10000円
・車のローン:10000〜20000円くらい??
 
あといろいろ保険代とか車検代とか固定資産税とかいろいろあると思いますが、少なくとも毎月25000円くらいかかるんじゃないかという結論に至りました。
 
月々の固定費で25000円。
 
...この圧迫感。強い。強いです。この先を考えると非常に恐ろしいです。
この非常に重たいパンチに毎月絶え続けなければならない事になります。
 
しかし、恐ろしさのあまりなすすべもなくうな垂れていた僕に、功名の光が指しました。
 
それが「カーシェアリング」というサービスです。もうね、素晴らしいですこれ。
 
 
カーシェアリングとは、15分刻みで料金が発生するレンタカーのようなモノです。
だいたいの場合、15分200円くらいですので、一時間で800円になります。
だいたい駅近にカーシェアリング用のステーション(駐車場にカーシェアリング用の車が三台くらいある)があると思います。
乗りたい時に予約して、すぐに車を使う事ができます。
 
使う時の流れをざっくり書くと、
スマホで近くのステーションに空き車があるか調べ、あれば予約する。
②乗る
③返す          ...fin.
 
一時間800円というと割高な感じもしますが、個人の車の利用の仕方によってはそうともいえません。
このサービス、「週末とかたまに車が必要だけど毎日は使わない」って人にとって最高です。最高なんです。
 
 
 
まず冷静に「僕ってばそんなに車のるの?」という事を考えてみました。
「いや、まああったら乗るだろうけどなかったらなかったでそんな乗らないかも」っていう結論に至りました。
 
買い物にいくにしても、あらかじめ買うものと場所が決まっていれば、2時間もあれば事たります。
さらに、これは地域ににもよると思いますが、僕の住む近所では遊びにいくにもほぼ不便なく電車・バスで行く事が可能です。
 
そう考えると、週末長くて3時間くらい乗るにしても、月に12時間車が必要と言う事になります。
 
12時間×800円=9600円。
 
駐車場代にも及びません。
 
 
そして何より、必要な時にだけ目の前に車が現れる。これほんと最高です。
「あ、今日車いるわ」。そんな時にドラゴンボールのホイポイカプセルで車を出現させるかのごとく、ポンっと自由に使える車が現れるのです。(実際はステーションまで行くわけですが)
 
 
 
結果、僕たち夫婦はとりあえず車の購入を見送る事にしました。しばらくはカーシェアリングを利用し、改めて車が自分たちにとって必要であるかを検討しようと思います。
このカーシェアリング、有り余らない富を持つ僕たちとってはエンジェル・カーと言えるでしょう。
 
もし、「お金にそんなに余裕はないけれど、たまに車が必要。」って方がいらっしゃいましたら、カーシェアリングでググってみて下さい。
素晴らしいです。